読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢をちりばめて

ずっとなんてないから今を大切に

別れの春


人生の大きな決断だったのかな




今まで私が担当してきたのは2人しかいないしその2人はまだジャニーズにいてくれてる。担当をしていた人が辞めたことはないけど気になっていた子が辞めたなんてことはたくさんある。なのにこんなに自分自身悲しくなったのは初めてで。本当になんでかわからないけど涙が溢れてくる。颯くんの担当さんの方がもっともっと強いね。今年こそどこかのステージに立ってる颯くんを見れると思ってた。颯くんのことが大好きな姉を颯くんに会わせてあげたいと思ってた。本当かなんて本人から直接聞いたわけでもないしまだ完全に信じられてない部分はあるけど。


私が知ってる颯くんはほんの少しで。ヘッドスピン、ブレイクダンスが上手くて力強くてしなやかなダンスをしてて優しい子で誰よりも努力してきたんだろうなって見てて思える子だった。担当の方からはもちろん担当以外の方にもたくさんの人から愛されていた。Jr内でたくさんユニットができる中、颯くんは何も所属していなかった。だんだんと露出も減り2016年はクリエとハニバタと雑誌のお仕事のみだったのかな。最後のお仕事はハニバタだったのかな。


クリエでは初めて自分が作詞した曲をソロで歌っていた。私はそれを聞くことも見ることも出来なかったけど颯くんのファンはどれほど嬉しかったんだろう。自分の担当が自分で作った曲を披露してくれるなんてとっても嬉しいこと。


サマパラではDVDでしか見てないけどハニバタでケンティーが颯くんをバックにつけてくれて、きしふうをシンメに選んでくれて、颯くんがセンターで踊っている所もあった。ソロで踊っているところも。笑顔が素敵だった。颯くんのいい所が沢山見れてさらに大好きになったコンサートだった。


Jr祭りにも出ていない、予想していたセクゾのバックにもついていなかった、雑誌でも見る機会が減った。嫌な予感はしていたけど、それでも颯くんは勝手に続けると思っていた、続けてくれると。高校も卒業し、この春から大学生に。新たにまた世界が一転する季節。別れと出会いがある季節。1番好きな季節なのにどんどん嫌いになっていく。応援していた子を応援できなくなる。悲しすぎる。みんながみんな幸せになればいいのに。そんな簡単な世界じゃないのかな。



彼には彼の考えがあり事情がある。それを受け入れるのも応援させてもらってるこっちの仕事。これからも見えないところで応援させてください。なにか新しいことを見つけたのかな、颯くんは颯くんのまま、颯くんらしくこれからも頑張ってほしいです。担当でもなんでもない私が言うのも変だけど颯くんには幸せになってほしいって心から思ってます。これから先、颯くんの未来にに幸あれ!